Diet meal, Diet food

お肉は身体のモト!ダイエット中でも食べよう

お肉を食べよう

タンパク質の生成で効率良く細胞を作るためにもお肉は必要な栄養素です。

 

お肉の中でも脂質の少ない脂肪分が少ない肉(鶏のささみ肉など)を選ぶのが1番重要なことです。

ささみ肉の人気レシピ

 

ダイエット中ならばおそらく運動もすることにもなるでしょう。
しっかり運動をして脂肪を燃焼し筋肉に代えて体を引き締めるそしてなおかつ体重を減らすということを継続してやっていこうと思うとある程度のカロリーが一緒になります。筋肉を作るためにはタンパク質が欠かせないです。

 

脂肪の少ないお肉として鶏肉はささみまたは胸肉などは皮をはいで使うと脂質を減らすことができます。豚肉はヒレ肉が1番脂質が少ないです。牛肉は赤みを使います。和牛は霜降り人で赤身のお肉の中に脂肪分が含まれる様に育てているので、ダイエット中は、オーストラリア産やアメリカ産の赤身の牛肉をお勧めします。

 

調理方法としてはフライパンや鉄板で焼くのでなく魚焼きグリルのように油を下に落とす調理器具で焼くとさらに脂質を落とすことができます。

 

食べる量は他の食材との栄養バランス、自分の体重と消費カロリーから算出して考えるのが良いかと思いますが目安としては、一食60gまでかなり少ない量と思いますが三食にすると180gになります。
いっぺんに180g食べる場合は必ず昼食でしかも運動した後が良いです。

 

なかなか制限をしてしまうと食べたい欲求が生まれてしまいます。
また運動すると筋肉を動かして細胞が壊れ、それを修復するためにもタンパク質が必要となるので運動後にお肉を食べるのが1番効率が良いです。

 

夕食で60g以上食べる場合は必ず寝る4時間前には食べ終わるようにすることをお勧めします。炭水化物の消化には2時間から4時間タンパク質の消化に10時間かかると言われております。できれば起きている間に胃の活動を終わらせることをお勧めします。