Diet meal, Diet food

栄養が大事な理由、それは自分に返ってくるから

若い頃に色々なダイエットを試しましたが、30代半ばになった今思うことは「食べたもので体は作られる」 と言うことです。

 

何かの記事で「今日食べたものが2週間後、あなたの体の一部になっている」旨の記事を目にし、ハッとしたした。

 

ダイエットを意識した食生活にすると、変化がある時期と停滞時期があるかと思います。停滞時期に、あと2週間後には効果が現れると思うと、なんとなく頑張れる気もしますし、やはり毎日の習慣が大切ということです。

 

産前産後の実体験を通して、ダイエットに良さそうなメニュー、食材をご紹介したいと思います。

産後ダイエットにもおすすめのメニュー

まずは和食中心の食生活にすることです。
塩分、油分も控えめですので、必要以上にむくみません。

 

また、汁物を必ずつけることをおすすめします。
ランチ時に、たくさん食べたのに何だか物足りないといった経験はありませんか?おそらく、汁物が無いことが多いと思います。

 

具沢山の豚汁やけんちん汁などは栄養バランスも良くおすすめですが、作るのに手間がかかるという場合は「にら玉のお味噌汁」はいかがでしょうか。味噌汁の具材ににらを使い、最後に卵をかき玉状にして出来上がりですが、簡単かつボリューム満点です。

 

 

また、果物をたくさん摂るのもおすすめです。特にバナナとグレープフルーツは、お腹いっぱいになりつつ、体に良い栄養素もたっぷりです。朝はもちろん、小腹が空いた時にちょっとつまむのに重宝します。

 

ドライフルーツもおすすめ

 

ストレスをためないように、たまには好きなものや甘いものを食べるのももちろん良いかと思います。

 

食べる時間はなるべく早く、甘いものは和菓子にするだけでもかなりの効果だと思います。

 

どうしても我慢できない時は、言葉は悪いですが、ああはなりたくない、という体型の方の買物カゴを見てみてください。あれを食べれば太るよな…というものばかりのはずです。

 

そして、あと2週間後にはきっといい効果が出ているはずと自分に言い聞かせて乗り切りましょう!